願いは叶う

「願えばかなう」とか「夢はかなう」とか
暑苦しい松岡修造が言いそうなことを今日は僕も言うわけですが
願いはかなうと思っているんです。

私の自転車はアマゾンで7,000円で購入したものですが
この自転車がダメダメで
変速がついているのですが、全然進まないんです。
ブレーキも効かないんです。

だから新しい自転車を買おうと思ったのですが
自転車があるのに新しい自転車を買うって勿体ないような気がしてたんです。

だから僕は願いました。
「盗まれますように」と。

もちろん自転車を止める時は鍵をかけずにとめるわけです。
そして乗る時に「まだあるか~早く盗まれてくれ」と心の中で願っていたわけです。

そうこうして数か月経って、これだけ繁華街にとめて鍵をかけずに盗まれない自転車に対して
愛着がわいてきたんですね。そしてこの自転車に「尾崎豊」と名前をつかたわけです。

そして2日後、自転車が盗まれたんです。
なんか名前とか付けちゃって愛着わいたあとだったんで
なんかちょっとさびしい気持ちになったんです。

でもここで思ったのが
「願いはかなう」とか「夢はかなう」とか言いますが
これって願っているから自然と、そういう方向になるように行動しちゃうってことなんでしょうね。ってことです。

例えば尾崎豊が盗まれたのは
ただ単に願っていたわけじゃなくて
「盗まれて欲しい」という気持ちが「鍵をかけない」という行動につながったわけです。

それと同じように
金持ちになりたいと思えば、それなりの方法を考えて、行動に移すそうでしょうし
上位表示したいと思えば、色々調べて、行動に移すでしょう。

要は何事も「その願いが本当なら自然と行動を起こす」ってことなんだと思います。
だから
「アフィリエイトで稼ぎたい」と思っても家でぐーたらしてる人は
心の底では別に稼ぎたくないわけです。

「SEOで上位表示したい」と思ってもチンタラブログを読んだり、本を読んだりするだけで
何も行動に起こさない人は
心の底では「本当は上位したくない」「上位表示されたら忙しくなるからいやだ」もしくは「上位表示されても意味がない」
って思ってるんだと思います。