ぶっちゃけリンクを購入することってどうなの? 【初心者向け その20】

ぶっちゃけリンクを購入することってどうなの?って思うでしょう。

ここはぶっちゃけて話しちゃいます。

 

答えは2つあります。

1つ目

魅力的な情報を提供できるのであればリンクは購入しなくても良い

という答えです。

 

なぜなら魅力的な情報を提供できるのであれば、魅力的な情報が掲載されたサイトをみたユーザーが自分のブログで紹介、ツイッターでつぶやく、はてなブックマークでブックマーク

など自然とリンクが増えてきます。

これが最強のSEO対策ですね。

 

だってGoogleが禁止しているリンクを購入することをせずにSEO対策しているのですから!!

 

2つ目

ユーザーを感動させることができる記事が書けない場合はリンクの購入をするのも1つの手である

という答えです。

 

基本的に今の流れは「リンクを購入しないでコンテンツで勝負しよう!」というものです。しかもこの主張はGoogleが禁止していることをしないSEO対策なので、批判される主張ではありません。

 

今や「リンクを購入してSEO対策しよう!」なんて言っちゃえば

「古いSEO対策の考えだ!」

「そんなことする必要ない!」

「こいつは馬鹿だ!」

と問答無用に批判されちゃいます。笑

 

まるで人種差別のように「どんな背景があろうと」「リンクを購入する」ということを言えば「何が何でもダメ!」というような風潮があります。

 

だって・・・Google様、いやGoogle帝王様が「リンクの購入はダメだよ。ばれたら検索結果に出ないようにしちゃうよ!」って言っているわけですから

 

そりゃだれでも「リンクの購入はダメ」と言いたがるわけです。

とくに「SEOコンサルタント」と名乗る人からすれば公式な発言としては

「リンクを購入することは良くない」としか言いようがないんですね。

 

でもね、

一般ユーザーからリンクを受けるためには

「すごい良いサイト」

「これは他の人に教えなければならない」

「このサイトは後でじっくり読んで勉強しよう!」

ユーザーを“感動”させないといけないわけです。。。

 

そんなことができる人が少ないということから

「リンクを購入する」という選択肢をする人が多いんですね。