「ペイデイローンアップデート」がやってくる

Googleが「ペイデイローンアップデート2.0」を実施しました。
http://www.suzukikenichi.com/blog/panda-update-4-0-and-payday-loan-update-2-0/
海外SEO情報ブログより

「ペイデイローンアップデートとは」
非常にスパムが多いクエリに対する検索順位を更新するアップデートです。
スパムが多いクエリとはキャッシングやアダルトなどのブラックハットなSEO対策をしないと、
到底上位表示できないようなジャンルです。

今のところ日本語検索でこのアップデートが行われたという報告はありませんが、
英語圏での検索エンジンアルゴリズムは漏れなく日本にもやってきます。
そして、有料リンクや自作自演のリンクなどブラックハットなSEO対策をしているサイトをいずれ根絶やしにします。

このところGoogleのWebスパムサイトに対する処分は厳しくなる一方です。
オーガニックなリンクしか得ていないサイトですら危険です。
しかもスピーディーに実施されるため、今から手を打っても間に合わない可能性が高いんです。

Googleは 1回のアルゴリズム変更で上手く行かなければ第2弾、第3弾と手を打ってきます。
「パンダアップデート」がやってきたのはつい最近のような気がしますが
Googleは既に「パンダアップデート4.0」を実施しています。
SERPの品質を高めることは、検索者の増加につながり、それがAdWords広告主の利益になり、
結果としてGoogleの収益になります。
SERPはGoogleの庭なのです。
SEO対策会社がバックリンクをつけて検索順位をコントロールできる時代ではありません。

Googleが検索結果に求めるサイトは「ユーザーが探している情報を提供する」サイトということで一貫しているが、
ラリー・ペイジがCEOに返り咲いてからWebスパムに対する対応がより厳しくなりました。
今回の「ペイデイローンアップデート2.0」はGoogleの200もある検索エンジンアルゴリズムの中の
たった一つのアップデートで、適用される範囲も限定的ですが、最近のGoogleには、Webスパマー排除の本気度が感じられます。