オールドドメインでサイトを構築することの優位性

通常ドメインを取得する時は、自分で「ドメインの名前」を決めて取得するためインターネット上で新しくドメインが生成され、新規ドメインとして取得することになります。

オールドドメインとは以前誰かがサイトを運用していたドメインが期限切れになり、更新されなかった場合、そのドメインは再取得することができますので、そのようなドメインを取得すればオールドドメインの所有者になれます。つまり中古ドメインということです。

オールドドメインで構築されたサイトは、以前運営されていたサイトの価値をそのまま引き継ぎます。通常であればグーグルに「このサイトは価値のあるサイトだ」と認識されるまでに何年もかかるのですが、オールドドメインは既にグーグルの信頼を得ているドメインでもあるのです。逆に以前の所有者がそのサイト上でフィッシング詐欺や過度なSEO対策をしていた場合は悪い価値も引き継ぎますので気を付けなければなりません。

被リンクを受ける時もこのような価値の高いドメインからリンクを受けるとSEO対策上かなり有利になります。しかも以前運営されていたサイトが日本語で運営されていたものであるならばより一層効果は高くなります。
サーバも国内のものでIP分散されたもので、ドメインも長く日本で運営されているものから構築されたサイトからリンクを受ければ、かなりのSEO効果が期待できます。

但し、先ほども申し上げたようにオールドドメインは悪い価値も引き継ぎます。「オールドドメインを使用した被リンク」などと謳っていても、悪い価値を引き継いだドメインを見極める技術がない事業主が提供している被リンクサービスには気を付けなければなりません。

被リンク なら被リンクアップドラフト