信頼できる他社ページへリンクさせる

グーグルは被リンクサービスを購入することを嫌っています。つまりどのサイトが被リンクサービスのサイトなのかを見極めたいと思っています。もし弊社が100リンクしかもっておらず、100リンクの契約しか受け付けていなければ、100リンクとも全て同じサイトにリンクされるという極めて不自然なサイト群に出来上がってしまいます。

しかし弊社は150サイトを保有し、25リンクから100リンクまでの契約形態があり、さらには他社ページへのリンクも混ぜることにより被リンクアップドラフトのサイトはどのサイトなのか分からないように工夫をしています。ここまで気を付けている被リンクサービスは少ないでしょう。

この効果によりグーグルロボットの毎回のアップデート後もクライアントのサイトは全て上位表示を保っている状態です。その他にも多少のSEO効果も期待しこれらの行為も行っております。弊社で運営しているiphoneケース販売サイトにリンクさせる場合はiphoneケースのネットショップのリンクと同時にアップル社、ソフトバンク社、au社、ウィキペディア、などのページランクの高いサイトにリンクを送っています。これはiphoneケースのネットショップがアップル社と同レベルのサイトであることを闇に意味させています。また「依頼されたサイト以外のサイトにリンクさせること」により被リンクアップドラフトのサイト群は全く規則性のないサイトにリンクしていることによりグーグルに見破られません。

加えて被リンクアップドラフトのサイト群がこれらのページランクの高いサイトにリンクすることにより「信頼できるサイトを紹介しているサイト」という判断になると考えています。一般的に見て外部サイトにリンクさせることは自社サイトの価値を放出するという行為と考えられています。しかしグーグルの基本理念を考えれば極力リンク数を減らすというのも良いですが、信頼あるサイトに適度にリンクするということは被リンクアップドラフトにとってもクライアントサイトにとっても有益なことと判断できるのです。

被リンク なら被リンクアップドラフト