コンテンツマッチという新常識

「美白化粧品」というキーワードで上位表示されたいのなら「美白化粧品」についてかかれた記事からリンクされなければSEO効果はあがりません。リンク数がいくら多くてもサイトバーやフッターなどの部分で「美白化粧品」というアンカーテキストでリンクをもらってもSEO効果は非常に薄いのです。

美白化粧品についてかかれた記事内でリンクされることによって、「このサイトは美白化粧品のことに書かれた記事から美白化粧品というアンカーテキストでリンクされているから、美白化粧品についてのサイトなんだ!じゃあ美白化粧品で検索した時に上位に表示させよう」とグーグルは判断するのです。

いくらページランクが高く、信頼できるサイトからのリンクでも「マーケティング」についてかかれた記事からいきなり「美白化粧品」というアンカーテキストでリンクを送られてもグーグルのロボットは「え?どういうこと?全く関連ないじゃん!」となるのです。このような行為をしているとスパム判定の対象になるので、絶対に避けなければなりません。

被リンクサービス自体がコンテンツマッチの記事内からリンクさせるというものは少なく、ただ単にリンクを張り付けるという業者が多いだけにこの点は気を付けましょう。

被リンク なら被リンクアップドラフト