ナチュラルな被リンクについての見解

ナチュラルな被リンクというのは現在集まりにくくなっています。しかもナチュラルな被リンクはアンカーテキストが期待できるものではないです。ナチュラルなリンクを多く集めれば自然と上がってくるという書籍はたくさんありますが、それまで何年もかかります。おそらくSEO対策を考えられている企業や個人は今すぐにでも売り上げを上げたいからSEO対策を考えているのだと思います。だからこそ被リンクサービスやディレクトリ登録や内部対策を行うのであり、ナチュラルなリンクを集めて5年後には1位を目指す!というのでは遅すぎます。

ナチュラルなリンクは確かに良いのですが、ナチュラリンクを集めましょう!というSEOコンサルタントはSEOの知識は高く、SEOの技術はあるのかもしれませんが、「SEO対策のことだけを考えている」としか思えません。SEO対策は売上を上げる手段に過ぎないのに、これではSEO対策が手段ではなくSEO対策が最終目標になってしまっています。

私は出版されたSEO関連の書籍をほぼ全て読みます。これらの書籍にはグーグルに嫌われない正当なやり方しか乗っていません。何年後かに1位になって、かつ売上は関係ないんだ!とにかくSEO対策して上位表示されたいんだ!という人なら良いです。しかし企業活動としてSEOを取り組むのであれば、まず考えなければならないのが売上です。

ナチュラルリンク、内部対策だけでSEO対策!はもちろん正論ではありますが、「企業の売上を上げる」という意識に欠けているとおもいます。
SEO対策後、上位表示されれば、自然とたくさんのブログなどで紹介してもらえます。本当に良いサービスや商品を提供していればサイトを見てもらえればリンクは徐々に増えていきます。ここに戦略など必要ありません。良いものは良いのです。

ただナチュラルリンクで希望のアンカーテキストでリンクが欲しいのであればサイト名に希望のキーワードをきちんと入れておくことです。ナチュラルリンクで一番多いのがサイト名関連ですので、サイト名にキーワードを入れておけば自然と希望するアンカーテキストでリンクを張り付けてもらえますので少しずつリンク数が増えて、上位表示が確固たるものになってくるでしょう。

被リンク なら被リンクアップドラフト