ページの文字数に正論はあるのか

トップページをSEO対策している時、そのトップページの文字数は何文字が良いのかという意見が分かれます。文字数が多ければ良いというコンサルタントもいれば1000文字程度が良いというコンサルタントもいます。しかしながら大きな大差はないものの、標準のトップページの文字数は900文字~1600文字程度が妥当です。

弊社では大体1200文字程度でトップページの文字数を構成するようにしています。昔は文字数は多ければ多いほど良い!という理論が流行ったり、サイトの表示スピードが速い方がSEO効果は高いという理由で一切画像を使わなかったりした時がありますが、現在はSEO対策というのはそのような理論値で測れるようなものではありません。実際にグーグルの基本理念は「ユーザーにとって有益な情報を掲載しているサイトを上位表示したい」のでありますから、画像を一切使わず表示スピードを高めて上位表示させるというのは全く信ぴょう性にかけるデータです。

もちろん一時期そのようなデータは出てはいました。しかし適切な画像があるサイトの方がユーザーにとっては有益であることは間違いなく、「SEO対策のためだけに」画像を使わない、文字数を気にしすぎるというのは「売上」に関係してきてしまいます。つまり画像のないサイトは無機質で分かりづらいということにつながりますし、文字数が少なすぎるというのは情報提供に問題があります。また文字数が多すぎるというのはユーザービリティ(サイトの使いやすさ)に問題があります。

それだけ文字数が多いのであれば、カテゴリーに分けてわかり易く各ページでまとめた方がユーザーにとっては情報の整理をしやすいことになります。よって「何文字がSEO効果あり!」というものではなく、適切な文字数で適切な画像を使用し有益な情報を提供するというのが良いのです。そこであえて文字数を出すのであれば900文字~1600文字程度がベターですということなのです。

被リンク なら被リンクアップドラフト